完全防水のご遺骨アクセサリーラインナップ

ご注文~お届けまで

コンセプト

お客様の声

アフターメンテナンス

品質保障について

Contents

Message

book_bnr

menu09

トップ > よくある質問

Faq-よくある質問-

ご遺骨についてのご質問

Q.お骨の量はどれくらい必要ですか

各デザインの容量の違いを品番別に記載しております。
また、模型サンプルで容量をご確認いただけるようになっています。
封入しきれなかったご遺骨は、全てそのままお戻しいたしますので、ご安心ください。
お骨壷を開けて、上部のとりやすい部分を一片お送りいただければと思います。

A

Q.お骨の他に髪の毛なども入れられますか?

はい、大丈夫です。細かくカットして封入させていただきます。
髪の毛とお骨を分けて封入する事もできますし、重ねて封入もできます。
これまでに爪やへその緒、歯など封入させていただきました。

A

Q.きれいな形の小さなお骨を崩さないでいれることはできますか?

とても難しいですが、容量の大きいデザインを選んで封入窓を大きく加工すれば、入る場合もあります。崩さずに入るような形でペンダントやリングを特注制作させて頂いた例もございます。納骨量が★マークで表記されていますので、★の多いもの、厚みの厚いデザインをお選びください。

A

Q.納骨日が迫っています。お骨を先に戻してもらうことは可能でしょうか?

はい、お戻しいたします。ご注文の品番を決定していただければ、そのデザインに丁度の量を弊社でお預りして、余ったご遺骨を納骨日までにお戻しいたします。

A

Q.遺骨の封入に立ち会うことはできますか?

はい、どうぞ弊社デザイン室までお越しください。
封入にはお時間がかかりますので、お客様のご要望を伺って作業をし、途中お食事などに外出していただき、仕上がった頃に受け取りに戻っていただきます。
封入する内容により時間差がありますので、詳しくはお問い合せください。

A

制作方法についてのご質問

Q.封入窓とはなんですか?

ご遺骨を封入するための穴のことです。
リング、ペンダント、それぞれのデザインに合わせて、1つ又は2つ開いています。
デザイン窓を希望の場合は、「密封可」と表記のある商品を選んでください。
ご相談の上、窓の形と場所を決めて加工をいたします。

A

Q.「密封可」と表記している商品は樹脂防水とは違うのですか?

樹脂で完全防水にした後に封入窓を同素材の地金で塞ぎます。
表・裏どこからみても、ご遺骨が入っているとは分からない仕上がりになります。
「密封可」の商品は封入窓をデザイン窓にすることもできます。
ハート形の窓にして、デザインのアクセントにすることもできます。

A

Q.透明樹脂と不透明樹脂はどのように違いますか?

透明樹脂で封入すると、お骨そのものの色で仕上がります。
お骨が見える事が安心と感じる方、見えない方が安心な方、お気持ちに添うものをお選びください。
不透明のホワイト樹脂をコートすれば、お骨は見えなくなります。
お骨と同色なので、一番自然な仕上がりです。
封入窓をデザインのアクセントにする場合は、ピンクやラべンダーなどのカラー樹脂もご用意しております。

A

耐久性についてのご質問

Q.プラチナなら変色しませんか?

はい、大丈夫です。プラチナは永くご使用いただいても全く色の変化はありません。
結婚指輪などに最も好まれる最高級の地金です。
ご要望の多い、お奨めの地金ですので、お求め易すいお値段でお出ししています。

A

Q.永く着けるものなので丈夫な石留めを教えてください。

センターストーンの場合、2本爪や挟み留めより4本の爪の方が丈夫です。
小さな宝石の埋め込みは、深い位置まで宝石が沈むように埋め込むようにしています。
爪も奥の深い位置に起こしていますので、爪が磨耗して外れる可能性が低くなります。
デザインにより留め方が異なりますので、詳しくはお尋ねください。

A

Q.ネックレスのチェーンをもっと太いものに取替えられますか?

はい、替えられます。追加料金が必要になりますが、太さ、種類、長さなど自由に選べます。男性の方はもちろん、女性でも耐久性重視の方やお好きな太さやデザインがあると思います。ご相談ください。

A

Q.お風呂や水仕事では外した方が良いのでしょうか?

防水仕様なので、水仕事や入浴でお水が浸入する心配はありません。但しリングの場合は、歪むとリング本体と樹脂の剥離が起きる可能性があります。リングに強い力かかるような場面では、リングを外して作業するようにしてください。修理はいつでもお受けしますので、何かありましたら、ご相談ください。

A

購入後の修理、リフォームについてのご質問

Q.リングのサイズ直しはできますか?

特別なリングですが、弊社にご依頼いただければ、大丈夫です。
シルバーは難しい場合もありますが、プラチナ、ゴールドは問題なく直せます。(3号程度が綺麗に直る目安です。あまりに極端なサイズ直しはできませんので、ご了承ください。)

A

Q.深い大きな傷をつけてしまった場合、元通りに直すことはできますか?

はい、大丈夫です。深い傷の同素材の地金で埋め戻して修理をいたします。

A

Q.宝石が取れたり、割れたりしたときに修理してもらえますか?

はい、もちろんです。爪が折れてしまったり、修理加工が必要な場合でもお直し可能ですので、ご安心ください。加工費、宝石代は状態によりお見積もりをいたします。

A

Q.宝石を後から違うものに替えることはできますか?

爪留めのものは比較的簡単に取替えられます。
埋め込みの場合は、宝石を割らなければ外せない場合もありますが、新しい宝石に取替えることは可能です。
埋め込みなら、宝石の穴を埋めでプレーンなデザインに戻すこともできます。
プラチナ、K18の場合に限ります。シルバーは色むらが出る場合があります。

A